制作④ -削り-
卒業制作もいよいよ大詰め。
組み上がったパーツを削る作業に入っています。
迫り来る期限という現実を直に受け止め、後輩に手伝ってもらったりもしながら。
制作の前提でもある完成のためにはもはや手段は問えない状況です。
体力も底を着きかけではあるがラストスパート敢行。
間に合うか!?

d0065428_0302168.jpg

[PR]
# by carr-log | 2006-10-03 00:30 | 芸術
24歳50cc排気す
多忙極まるこの時期に免許更新行ってきました。
低脳扱いの違反者講習約2時間を受け、低脳らしく「安全運転を心がけよう」と思いました。
『種類』の欄が原付というショボサさには涼しく吹きつける秋風がよくお似合い。
[PR]
# by carr-log | 2006-09-30 00:07
生まれ変わり
制作の期限がいよいよ迫ってきている。
普通に考えると間に合わないのでもう普通に考えないことにした。
とにかくしゃかりきに且つ冷静にやるしかない。
焦ってパニクって効率が落ちぬようそう自分に言い聞かせる毎日だ。

今日、そのシャカリキズムが解り易くかたちとなって表れた。
朝まで何ともなかった両足の靴下に作業後穴が空いていたのだ。
しばし満足気にその靴下を眺めていたのだが、その後すぐに家庭教師に行かなければならなかったので、恥じらいを残しつつも仕方なくそのまま指導先の家に向かった。
するとそこで有難いことに誕生日のプレゼントを頂いた。
恐縮しながら袋を開けると、驚いたことにその中から姿を現したのは、可愛いらしい3足の靴下ではないか。
何とも小粋な運命―。
こいつはきっと今日果てたやつの生まれ変わりだ。
そう、ジョージ・シスラー死没の年にイチローが生まれたように。

日々の雑多を忘れさせてくれるような、そんな素敵な出来事だった。
d0065428_238325.jpg

[PR]
# by carr-log | 2006-09-26 23:06
祝な宵から二日酔い
先日、地元で某公務職に進路が決まった友人の追い出し会なるものが催された。
同じ小・中学校を共にした懐かしい仲間が集まり、宴は大いに盛り上がった。
久々に年甲斐もなくゲームとかして一気とかした。
騒ぎに騒いだ。
会の主役もえらく感動していて、それはそれはアツい夜となった。
「今になっても一声でこんな風にみんなが集まるって何かすげえなぁ」と俺も軽くおセンチになったりなんかして。
何だか別れがちょっぴり切なく感じた。
この日のみんなの思いが奴の背中を押して、先々の支えとなればいいな。
別れ際、みんなの笑顔を見ながらそんなことを思った。
一人歩く帰り道がやけに長く感じた夜だった。

と、きれいな話はここまで。
翌朝は対極と言わんばかりにお汚れな一日となった。
目を覚ますと二日酔いの洗礼である。
それも未だかつて経験したことのない程パンチの効いたもので、とにかく気持ちが悪い。
制作のために登校しなくてはならなかったので、気合で駅に向かい電車に乗り込んだのだが、それがそもそもの間違いだった。
二日酔いで電車に揺られる。
これが想像を絶する自殺行為であることなど、その時の俺は知らなかった。
走り出して数分も経つと我慢の限界を迎え途中下車。
見知らぬ町でファーストリ○ース。
折れかけた心を奮い立たせ再度乗車。
博多駅に着く。
浮浪者のようなフロウでトイレへ向かう。
セカンドリ○ース。
そしてここで遂に微かに残っていた闘志さえも燃え尽きた。
敗者は頭をもたげ、退却という苦渋の決断を下したのだった。
俺は二度汚物を拝むために博多まで行ったのかと思うと、本当に情けなくて。
とにかく家では家族に優しく接しました。
おしまい。

お陰で制作かなり切羽詰ってきました。
激反省。
[PR]
# by carr-log | 2006-09-24 11:59
坊主
例のごとく坊主に刈り上げた。
最近すこ~し髪が柔らかくなった気がする。
(いやマジで!!)

坊主のかっこいい人、
d0065428_1222287.jpg

THA BLUE HERBのILL-BOSSTINO(左)とRHYMESTERのDJ JIN(右)。
今更だけど似過ぎです。
[PR]
# by carr-log | 2006-09-21 10:22
制作③ -板の切り貼り-
板を切っては貼り合わせてを繰り返す毎日。
創造と言うよりは根気の作業です。
写真は工作工房にて。
d0065428_21241872.jpg
d0065428_21243653.jpg
d0065428_21244498.jpg

d0065428_21242849.jpg

日中のほとんどはこんな中に身を置いています。
早く完成形に近づけたい。
[PR]
# by carr-log | 2006-09-19 17:18 | 芸術
再認識
スキンを変えてみた。
一応自作です。
少しでも愛着が沸けばとの思いから。
…もひとつやね。

現在、台風直撃中。
にもかかわらず、先ほど果敢にも野外に飛び出してきたところです。
というのも、近所に住む一人暮らしの老人宅から雨戸が吹き飛んだとのSOSが入り、親父と二人で出動し処置を施してきたという次第です。
大きく湾曲した雨戸を見て、改めて感じた自然の脅威。
帰ってくるやいなや目に枝が飛んできたと訴え何故か目薬を要求する姿を見て、改めて感じた親父の驚異。
[PR]
# by carr-log | 2006-09-17 22:28
Spiritual Shot
昨日、高校時代からの仲間達と飲んだ。
幾つもの好条件が重なって、久しぶりに記憶が曖昧になるくらい酔った。
一夜明け、これまた久しぶりの二日酔いに頭をもたげながら、携帯で撮った写真をチェックしていると、その中に楽しげなショットに混じって覚えのない一枚があった。
d0065428_23213659.jpg

薄れゆく意識の元、撮ったであろうこの日最後の一枚。
俺はこの時彼に何を見たのだろう…。
おそらくそれは限りなくスピリチュアルな何か。
この一枚が、この日俺達を包んでいた空気がいかにハッピーであったかを表している。
そんな気がしてほくそ笑んだ、ピンボケ写真だった。
[PR]
# by carr-log | 2006-09-16 23:27
14年前の自分
実家にて勉強机をあさっていたら、小学3年生の時の日記帳なるものを見つけたので内容を載せてみる。


すきな物

ぼくのすきな物は、あまりいいものでわないけど本当にすきになるとすごく大切にしてしまいます。かんぜんにあきてしまったらくだらないものとなってしまいます。一つのことにきょうみをもつことは、いいことだけど、ぼくの場あいすぐあきるから長く同じ物にきょうみをもつようにしたいです。今、すきな物はひみつだけど本当にすきになるとたから物のように思います。すきな物・たから物をいっぱい行っていきたいです。
d0065428_2353220.jpg

最後の「行っていきたいです。」が謎。
変態への決意表明?
あの頃の自分を見てみたいと、ふと思った。

依然変わらず、すきな物・たから物をいっぱい行っていきたいです。
[PR]
# by carr-log | 2006-09-14 22:49
進路のことと進歩のこと
この度、大学院修士課程に進学することが正式に決定しました。
これに際しまして支援してくれた全ての人々に感謝します。
あと2年と少し、先に社会に出て行く仲間と賛成してくれた親と受け入れてくれた学校とそして世間に恥じぬよう日々学務に励みます!
と、大袈裟やけど怠け者気質なのでこれくらい自分に銘じとく!
現在所属の研究室にて主に彫刻を制作したり美術関連の研究を進めていく予定です。

ところで先日、福岡は天神にて珍しい光景に出くわした。
それは道端でのフリースタイルラップ。
映像では観たことがあったが生で観たのは初めてだった。
見知らぬラッパー達がノリで急に始めた感じで凄いエネルギーを放っていた。
日本の(福岡の)ストリートシーンもここまできとるんやなぁ、とちょっと驚き。
カタチ先行の下手なステージングよりよっぽどグッときた。
また出くわしたいな~。
(こういうやつ→http://www.youtube.com/watch?v=atYmVEQTSZM
[PR]
# by carr-log | 2006-09-10 20:00