<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
金と友!?
夏本番!海か山かプールか~♪
梅雨も明け、今年も“サマージャム'95”聴かざるを得ない季節の到来です。
クーラーと外との気温差にヤラれないようご注意。

d0065428_14535143.gifおもしろいサイト見つけました。
「脳内メーカー」http://maker.usoko.net/nounai/
名前を入力するとその人物の脳に占められるイメージが字で埋め尽くされるというもの。
俺はこうなりました。
金と友・・・
また両極やな~!
ちょっと考えさせられて、ちょっとこっ恥ずかしい。
[PR]
by carr-log | 2007-07-29 14:36
愛すカービング
博多駅前にて一際目を引くパフォーマンスに遭遇しました。
燻し銀の職人による公開アイスカービング。
熟練された素早い動作、シャカシャカとリズミカルに削られる乾いた音、溶け行く氷の眩しくも美しい反射光。
その全てが心地良くて立ち止まらずにはおられんかった~。
自分に置き換えると、木彫しかやったことがないので氷を削る感覚に興味津々でした。
時間の都合で最後まで観られんかったのが残念。

ところで、わざわざ献血カーの真横でやっていたのは立ち止まらせて献血への協力も促そうって作戦か?
まさか『氷を削って我が身も削ろう』っていうパフォーマンスだとしたらすげぇコンセプト深いな・・・。
d0065428_19543614.jpg

[PR]
by carr-log | 2007-07-27 19:54
新素材
一番最近作った作品。
初めての素材FRP(Fiber Reinforced Plastics/繊維強化プラスチック)に挑戦しました。
ガラス繊維は刺さったりするし、その粉塵を吸い込むとしゃれにならんというなかなかリスキーな素材です。
表面を滑らかに仕上げるのが難しかった!
経験値という意味では収穫いただきました。
前の作品に続けて台座付きの構成。
このところ接地面のない形がしっくりくる。
そろそろ夏の作品も決めんとな、という時期です。
d0065428_040124.jpg
d0065428_0471143.jpg
d0065428_0401851.jpg

[PR]
by carr-log | 2007-07-23 19:50 | 芸術
TBHR -07 TOUR @ Fukuoka-
d0065428_19203090.jpg

去る7月8日、遂に自身初のTHA BLUE HERBを体感した。
空間の支配とも取れる至極のパフォーマンス。
“HIP HOPは10代のガキの為のオモチャじゃない”
そう吐いていたBOSS氏は、言葉通りその音楽に人間や人生の意味みたいな生きるという事の本質を投影しようとしていた。
その姿勢は力強く、どこか人間的な温かさも感じられた。
僕は単純にHIP HOPが好きだけど、ブルーハーブはHIP HOPであろうがそうでなかろうが関係なく人間として好きだと思った。
勿論彼等はHIP HOPであり、その意思がさらに魅力なのだけれど。
ライブ中何度も、帽子を取り深々と頭を下げ、同じ言葉を繰り返すBOSS氏。
その五文字の平仮名は、その日吐いたどんなぶっといパンチラインよりも、皆の心に残り響き続けたに違いない。
『ありがとう』
こちらこそ、ありがとう。

そんな熱い記憶が冷め止まぬつい最近のこと、タワーレコードに行ったら、“No Music No Life”のイメージにBOSS氏が!
写真と共にこれまた股間にくるフレーズ載ってますんで見つけてみてはいかが。
今月のBounceにも載ってます。
[PR]
by carr-log | 2007-07-20 19:19 | 音楽
Long怠無 No恣意
お久しぶりー。
幾度となくこの出だしで始めたけど今回は何と半年近く空いてしまった。
日常の雑多に追われて、いかんな。
またちょくちょく書いていこう。

先日、うちの教授の繋がりで韓国の弘益大学の学生と交流・展示会をしました。
この大学、実は世界的アーティストを数多く輩出している韓国一の芸術大学らしくて、学生の持ってきた作品もなかなかのクオリティでした。
同じ彫刻をやっている他大学の学生と関わる機会は今までなかったので、貴重だったしいろいろ感化させられる部分もあっていい機会でした。
写真、無断で載せられないので自分の作品と展示風景だけ。
d0065428_123527.jpg
d0065428_1231727.jpg
d0065428_1232556.jpg

それはそうと、コリアン相当テンション高かった!
一昔前の日本のバブリー!って感じやな。
歓迎飲み会もまぁ~盛り上がった。
で、もちろん韓国語は話せないのでコミュニケーションは英語。
これが向こうは達者やけどこっちがつたな過ぎて反省。
英語の勉強を日常的にやっていこうと決意しました。
もちろん学術的な英語なんて今更ウンザリやし、いざ口にする時使えないので、
飽きずに楽しめる生きた英語習得の方法を自分なりに見つけようとしてます。
追い追い紹介していこうと思います。

しかし不思議なもんで、酔っ払うと結構適当にしゃべれたりもする。
まぁこれは日本語にも通じるかな。酔拳やな。
[PR]
by carr-log | 2007-07-13 01:24 | 芸術