<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
上京-最終日-
友人と共に吉祥寺から渋谷へ移動。
そこで珍しい経験をする。小気味のいいおばちゃんに声をかけられ話を聞くと何かのアンケート調査らしい。全く都はサプライズだらけだ。謝礼として図書カードが貰えるという落とし文句にまんまとはまった田舎者は一角のビルに連れていかれ更に細かい質問を受ける。小慣れた調子の早口にプロ意識を感じつつ訊かれた事に素直に答えること15分程度。貴重な経験は終了した。1000円分の図書カードを手にした俺はすぐさま金券ショップに走り現金900円に換えたのでした。何て割りのいいバイトだこと。
流石都、何があるかわからん。
その後学校に向かう友人と別れ一人で渋谷をうろうろ。
金も底を着きかけで何も買うことなくうろうろ。
遂には徘徊ネタも着きかけたので早々に品川を経由し羽田に向かった。
そんなところで今回の上京は幕を下ろしました。
来年は更に意義のあるものにしないとなぁ。

一番印象深いこと。
実は飛行機での自分の不適合体質。
気圧の変化に過敏で着陸態勢に入る時耐え難い苦痛に襲われる。その表情を乗務員に見られたら絶対「お客様大丈夫ですか?」と心配されるのでニット帽を深く被り顔を隠して耳を押さえてうずくまるという醜態がセットになってしまうのです。着陸後もしばらく耳の聞こえ方おかしいし。飴もガムも全く効果なし。何とか対策考えないと飛行機嫌いになりそうです。落ちるは落ちるでも気分が落ちるのが嫌で。
写真は搭乗前に撮った「飛行機かっこいいなぁ」です。
もちろん数時間後にはこの忌まわしき鉄の塊を撮る気などさらさら起こり得ませんが。
d0065428_23223265.jpg

[PR]
by carr-log | 2006-10-20 12:13
上京-2日目(後半)-
しかしこのまま終わるタマでは御座いません。
体力回復を図ると美術館のハシゴを決意。
東京都現代美術館に向かいます。
以前から気になっていた大竹伸朗がお目当て。
前日に始まったばかりの企画展だったので、ダリ展の再現を恐れていたのだが、こちらはいたって平穏な展示会場であった。
ようやく作品と対峙できる喜びを噛み締め、展示室内に歩を進めた。
間もなく息を飲んだ。
彼の作品が放つそのエネルギーは、ダリでの欲求不満を抱えた俺の心を捕らえるには十分過ぎるものだった。
この日直接作品に触れるまでは、怪奇で狂的な作風という印象を持っていたが、全くそんなことはなかった。むしろ包み込まれるような温かな印象を受け、作品と共にそこにいることがたまらなく心地良い時間となった。
もっと彼のこと知りたいな。そう思える素敵な訪館でした。

その後は中野でご飯。(ここまで来て博多もつ鍋)
会いたかった仲間にも会えて嬉しかった。
夜は吉祥寺の友人宅にて一泊。
いろいろあっていろいろ考えさせられて、なかなかに有意義な一日やったなぁ。
d0065428_11552475.jpg

[PR]
by carr-log | 2006-10-19 14:24 | 芸術
上京-2日目(前半)-
新橋で朝を迎え上野へ。
本来の目的はというと、上野公園内にある東京都美術館にて作品の搬入・設置であったが、当然自分の作品を展示することはないので何だか半関係者・半部外者といったような不思議な心境。
ところが会場に入るとそんなことはどうでもよくなった。
ズラリと並ぶ入選作品の数々。d0065428_23514234.jpg
そのクオリティーの高さには圧倒された。
造形の良し悪しなどは勿論わからないが、その一つ一つが心を懸け丹念に作り込まれていることは、素人である俺にも十分過ぎるほど感じ取れた。
大納得。
この中に俺の作品が並ぶなんてとんでもない。
もし並ぼうもんなら作品から冷や汗が滲み出てきそうだ。
来てよかった。
自分の立ち位置がはっきりと認識できたし、まだまだ制作に臨む姿勢の部分で見直す必要があることがわかった。
そんなことを思いながら設置の手伝いを済ませると、朝とは一転し不思議と晴れやかな気分になっていた。
先生に挨拶を済ませると、懇親会に参加することもなく足早に会場を後にした。
(展示会情報はコチラ 面白いと思うのでお近くの方は是非)

d0065428_00592.jpgさて、己の小ささを思い知った後は巨匠の偉大さを感じよう。
同公園内の上野の森美術館にて催されている「ダリ回顧展」に行った。
東京組の一人と待ち合わせ、入館口に向かうと何とそこには長蛇の列。
そうこの日は爽やかな秋晴れの日曜日。
しかし心折れてる場合じゃない、滅多とない機会なのだから。
覚悟を決め待つこと3,40分。
ようやくあのダリの世界に浸れる、と思った矢先。
中は外よりもえらいことになっていた。
人が入り過ぎていて集中して作品が観れない。
シュルレアリスムのバーゲンセールといった様相だった。
元々人ごみが苦手な俺は、徐々に気分が悪くなりあえなくリタイヤ。
怒りと不甲斐無さを抱えながら世界的至宝に別れを告げた。
外に出てぐったりと頭をもたげるその様は、まさにダリの作品に表れるあのぐにゃっと湾曲した時計そのものに他ならなかった。
[PR]
by carr-log | 2006-10-18 23:51 | 芸術
上京-初日-
更新が遅れてしまい反省反省。

以前書いたように作品出品の件で14日から3日間東京に行ってました。
残念ながら入選はできなかったけど皆のお手伝いとメガロポリスを満喫(メイン)しに。

一日目。
昼過ぎに羽田に着き、すぐに向かった先はお台場。
東京組と共に野外フェス「渚音楽祭」に参戦です。
会場に入るとお目当ての一つだったLITTLE TEMPOが既に終わっていて、出鼻をくじかれてしまったが、もう一つのDJ BAKUは最高だった。
今年は夏フェス行けなかったのでよかった。
やっぱりあの開放感は何とも言えません。
d0065428_23174191.jpg
ひとしきり非日常的異空間を楽しんだ後は酒場へGO。
リーマンの聖地新橋にて杯を交わし、この日は飲んだ店と同じビル内のインターネットカフェにお泊り。
個室のドアを半分くらい開けるだけで向かいの本棚にぶつかるというあまりの狭小通路に驚きを隠せない田舎者。
流石メガロポリス。
明日は広~い上野だ。
[PR]
by carr-log | 2006-10-18 23:24
恥ずかしながら…
この度初めて自ら航空機搭乗の手配というものを行いました。
東京に搬送した作品の会場での搬入・設置及び展示会会員との親睦会に出向くためです。
(因みに入選したらの話ですが。落選の場合はみんなの手伝いになるかな?)
ついでに普段行けない美術館とか巡りたいと思っています。

ところで航空機って前もって予約すればするほど安いんですね。
新設の北九州空港から出ているスターフライヤーというやつは、指定日の28日以上前から予約すると東京まで片道1万円で行けることを知りました。
もちろん空路においてトーシローの俺は鮮やかにこの激安券を掴めるはずもなく、お馴染みスカイマークにて13500円也。
陸路(JR九州鹿児島本線)においてはマスターなんやけどねぇ。
勉強になりました。
d0065428_0501695.jpg

明日は我が研究室の打ち上げが先生宅にて催されます。
みんなと労をねぎらい合って昼から酒飲める幸せを噛み締めてきたいと思います。
[PR]
by carr-log | 2006-10-06 23:50
制作⑤ -塗り・完成-
遂に!この時を迎えた!
ギリギリ中のギリギリで滑り込み駆け込みブっ込みセーフ!
何とか完成・搬送までこぎ着けました。
周りの方々の多大なる手助けがあっての達成。
いくら感謝しても感謝し切れません。
同時に次回からはもう少し計画的に進めていかなければと反省です。
しかし何はともあれ一安心。
長きに渡った制作期間もこれにて終了です。
明日は是が非でも寝坊してやろうと思います。
d0065428_22281222.jpg

[PR]
by carr-log | 2006-10-04 00:15 | 芸術
制作④ -削り-
卒業制作もいよいよ大詰め。
組み上がったパーツを削る作業に入っています。
迫り来る期限という現実を直に受け止め、後輩に手伝ってもらったりもしながら。
制作の前提でもある完成のためにはもはや手段は問えない状況です。
体力も底を着きかけではあるがラストスパート敢行。
間に合うか!?

d0065428_0302168.jpg

[PR]
by carr-log | 2006-10-03 00:30 | 芸術