2006年 08月 30日 ( 1 )
初乗車 -そのポテンシャルは如何に-
3月に入校した自動車教習所に今更行けている。
そして遂に今日、生まれて初めて普通自動車のハンドルを握った。
普段原付(ギアチェンジ式)に乗っていることを告げると、ギアやクラッチなどの説明はほとんどされず、何と数分にして走行に入った。
この時点で俺の頭の上には?マークが浮かんでいたが、
教官にはそんなことお構いなし。
発車、ギアチェンジ、停車と原理など理解する間も与えず、次々と取り行われていく。
集中度全開で必死にくらいついていき普通に校内コースを運転。
そんな俺に途中容赦ない言葉を浴びせる教官。
その到底許し難い語調に、とうとう我慢の限界を迎えた俺は、軽く不服を申し立ててしまった。
いやはや一回目にして波乱の予感。
教習期限が迫っているのも原因の一つだろうが、教官がみんなあんな態度だったらと思うと少し気分が落ちた。

d0065428_23334583.jpgシャコウってこういうものなのでしょうか。
どう考えても厳しさを履き違えているような。
(俺にポテンシャルがあった?からいいものの…)

まぁ文句言ってもやるしかないので、見返すつもりで励みます。
[PR]
by carr-log | 2006-08-30 23:56