愛すカービング
博多駅前にて一際目を引くパフォーマンスに遭遇しました。
燻し銀の職人による公開アイスカービング。
熟練された素早い動作、シャカシャカとリズミカルに削られる乾いた音、溶け行く氷の眩しくも美しい反射光。
その全てが心地良くて立ち止まらずにはおられんかった~。
自分に置き換えると、木彫しかやったことがないので氷を削る感覚に興味津々でした。
時間の都合で最後まで観られんかったのが残念。

ところで、わざわざ献血カーの真横でやっていたのは立ち止まらせて献血への協力も促そうって作戦か?
まさか『氷を削って我が身も削ろう』っていうパフォーマンスだとしたらすげぇコンセプト深いな・・・。
d0065428_19543614.jpg

[PR]
by carr-log | 2007-07-27 19:54
<< 金と友!? 新素材 >>