CALLING
朝晩が冷え込むようになってきて、家を出る時の服のチョイスがなかなか難儀な季節になりました。こうなると早く冬になって欲しいものです。

ところで、車校の途中経過ですが、目標にしていた10月中仮免許取得無事達成しました。
このままのペースでいけば何とか期限内に卒業できそうです。
今日はというと、応急救護という教習を受けてきました。大学1年の時にも体育の授業で習ったはずなんですがやけに新鮮に感じました。恐らく当時はティーンネイジャー丸出しのかったりぃ精神で受けたためにあまり印象に残っていないんだと思います。
しかし今回は何故か真剣に受けようとする気持ちが働きました。歳のせい?
「この応急救護は交通事故によるもののみならず、皆さんが子供を持つようになって災害や水害などに遭われた時大いに役に立つものです。」
なんて言われると素直に習得せねばと思ってしまいました。
実技では見本を見せられた後、1人づつ専用の人形相手に実践します。10人くらいの中で1人づつチェックされるので少し緊迫した空気になるんですが、やはりこういう状況下では大して面白くないことでも面白く感じてしまうもの。人工呼吸でフェイスシートを顔に被せてから空気を吹き込む際、受講生の1人がそれをうまくできず、吹き込む度に「ピューピュー」と空気が漏れる情けない音を立てていたので、1人で腹をよじらせていました。
ともあれ手順は覚えたので生涯の秘密技能として頭の片隅に眠らせておきます。
因みに今日の指導員の方、昔この応急救護の教習中に受講生の1人が急性心不全でぶっ倒れて心肺蘇生をガチでその場で行ったというエピソードをお持ちでした。まさに天職。この教習においては日本一名乗ってもいいなと思いました。

卒業研究のテーマまとまらんな~。
来週は中間発表です。
[PR]
by carr-log | 2006-11-01 22:06
<< 伝説的バラエティ 上京-最終日- >>