美しきその涙
d0065428_1803024.jpg

お前が打たなきゃ誰が打つ~♪

懐かしいメロディが耳に飛び込んできた昼下がり。
何気なく点けたテレビの向こう側では、
我らが母校東筑高校の野球部が甲子園を目指し、
柳川高校相手に福岡県予選準決勝を戦っていました。
知っている選手がいなくともそこはやはり母校。
自ずと観戦にも熱が入ります。
試合は白熱した投手戦となりました。
4回に浴びた相手のソロホームランが両軍通じて唯一の得点。
そのまま9回表まで進み東筑最後の攻撃。
一つ、また一つとアウトカウントが重ねられいよいよ崖っ淵。
固唾を呑んで見守った最後のバッター。
が惜しくもヒットを放てず見逃し三振に倒れました。
0-1で惜敗。
しかし素晴らしい試合でした。
残り2つで甲子園。
ここで彼らの夏は終わりました。
悔し涙を流す部員達。
本当にみんないい顔をしていて、胸が熱くなりました。
無責任かもしれませんが、ここまで白球に捧げてきた日々は決して無駄ではなかったはず。
甲子園を目指す全ての高校球児に輝かしき未来あれ。

監督のA野さんも元気そうで何よりでした。
[PR]
by carr-log | 2005-07-27 21:43
<< 壮大な宇宙のことと宇宙から見た... 資格奪取 >>